連合青森 (日本労働組合総連合会 青森県連合会) MAPへ


Home 連合青森とは 活動報告 労働相談 最低賃金 お問合せ リンク集
なんでも労働相談ダイヤル
私たちは働く人全ての味方です! ひとりで悩んでいませんか?
ひとりで悩まない。あきらめない。働くあなたを守るダイヤルです!


 連合の「労働相談ダイヤル」は、中小企業・パート労働者など未組織労働者を含めた全ての労働者の悩み、ふりかかる様々な問題(解雇・労働条件切り下げ・賃金不払い・有給休暇・セクハラ等)の相談にのって、企業の一方的な都合で労働者の権利・利益が損なわれることを防いでおり、相談無料・秘密厳守で取り組んでいる活動です。
 雇用環境の厳しさが続く中、不当解雇をはじめ権利の侵害など弱い立場の中小企業・パート労働者・不安定雇用労働者へのしわ寄せが強まってきています。
連合青森にも、昨年1年間でのべ300件の相談が寄せられ、多くが正社員以外の方からの相談でした。
 ケースによっては連合青森顧問弁護士による対応など、職場で働くすべての労働者の労働条件の改善に向け、経験豊富なスタッフがご相談いただいた問題の解決に向け、親身になってアドバイスいたします。フリーダイヤルでのご相談はもちろん、事務局の窓口でも対応していますからお気軽にご相談ください。
なんでも労働相談ダイヤル 0120-154-052
このページの先頭へ
よくある相談
Q   残業代がもらえません。
A   不払い(サービス)残業は法律違反です。従業員の仲間と相談し、改善するよう会社に求めるとともに支払うべき残業代を請求して下さい。18時間を超えた時間分、140時間を超えた時間分が時間外手当(残業代)の対象になります。超えた時間は25分増しで請求できます。実際に働いた日と時間をメモするなどし、賃金明細と照合して下さい。
 組合づくり、労働基準監督署への訴えなど、解決方法はあります。

Q  パートで働いていますが、13時間、週4日の勤務です。勤めて8ヶ月になります。年次有給休暇はあるのでしょうか。
A    130時間以上、週5日以上の勤務の場合は、正社員と同じに扱われ、6ヶ月勤務すると10日の年次有給休暇が与えられます。1週の労働時間が30時間未満で、4日以下の場合でも6ヶ月勤務すると7日の有給休暇、以後1年ごとに1日づつ追加され、最高15日間の年次有給休暇が与えられます。

Q  青森県の最低賃金はいくらですか。
A   平成2810月現在、1間 716円です。この金額はパート、アルバイト、臨時職員、正社員等にかかわらず、全労働者に該当します。

Q  パートで働いていますが、突然明日から来なくてもよいと言われました。6ヶ月契約で5年間働いています。
A   一方的な解雇の場合、「正当かつ合理的な理由(社会常識から見て当然といえる理由)」が必要であり、それがないときは解雇権の乱用とみなされ、無効となります。また、パートタイマー、契約社員、嘱託、臨時社員、アルバイトであっても、労働契約を反復更新している場合(およそ3年以上)、「期間の定めのない労働契約」とみなされます。このような場合は、「正当な理由」があっても1ヶ月以上前の「解雇予告」が必要であり、それがないときは、1ヶ月分の「解雇予告手当」が払われなければなりません。

Q  パートで働いていますが、雇用保険に加入できますか。
A   労働者を一人でも雇っていれば、使用者は労働保険(労災・雇用)に加入しなければならないことになっています。但し、雇用保険の被保険者になるためには、@反復継続して働く見込みがあること。具体的には31日以上引き続き雇用されることが見込まれること。A週の所定労働時間が20時間以上であること。(2010年4月施行) これらの要件を満たす必要があります。

Q  仕事で負傷したが、パートは労災扱いはしないといわれました。
A   労災保険は、原則として全産業・全事業所が強制加入であり、身分や形態に関係なく、雇用される労働者全員が適用対象となります。(労災保険法第3条)

Q  改装期間中は出勤しなくてよいといわれ、賃金が支払われなかのですが。
 
A   使用者の責に帰すべき事由により休業する場合は、休業期間中は平均賃金の60%以上の休業手当を支払わなければなりません。(労基法第26条) 

Q  業績不振で事実上倒産。2ヶ月分の給料を残して退職しました。
A  「未払賃金の立替払制度」は、企業が倒産したために賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、その未払賃金の一定範囲について、労働福祉事業団が事業主に代わって立替払いするものです。(賃確報<賃金の支払の確保等に関する法律>第7条)

Q  職業安定所の募集では「退職金あり」だったが、実際には支払われなかったのですが。
A   就業規則等で規定があるか職場慣行があり、その要件に該当する場合には、退職金を支払う義務が生じます。
このページの先頭へ
〒030-0802 青森県青森市本町3丁目3−11
青森県労働福祉会館内
TEL:017-735-0551  FAX:017-735-0553
連合青森フッター

Copyright © 日本労働組合総連合会 青森県連合会. All Rights Reserved.